MADOSMA(Windows Phone 8.1)の初期設定方法

By | 2015年6月18日

madosma-initial-settings1
本日、Windows Phone 8.1搭載のスマートフォン「MADOSMA」が発売されたのでさっそく購入しました。

そこで今回は、MADOSMA(Windows Phone 8.1)の初期設定方法を紹介します。
スポンサーリンク


MADOSMAの電源を入れる

まずはMADOSMAの電源を入れます。

MADOSMAの向かって右側にある電源ボタンを長押しします。
madosma-initial-settings0.1

初回起動時はMADOSMAのロゴが一瞬表示された後に真っ暗になる時間が20秒ほどありました。真っ暗でも焦らずにそのまま待ちましょう。真っ暗の時間の後に再度MADOSMAのロゴが表示されてWindowsのロゴが表示されます。Windowsのロゴが消えると初期設定画面が表示されます。
madosma-initial-settings0.2

MADOSMAの初期設定画面が表示されました。
madosma-initial-settings1


MADOSMAの初期設定を行う

MADOSMAが無事起動したら、初期設定をしていきます。

MADOSMAで使用する言語を選ぶ

まずは言語の選択からです。「日本語」をタップして「次へ」をタップします。
madosma-initial-settings1


ネットワークに接続する

ネットワークに接続、電話の設定の選択、Microsoftアカウントの設定の3つをこれから実施していきます。「次へ」をタップします。
madosma-initial-settings2

使用条件が表示されるので、よく読んで同意できれば「同意する」をタップします。
madosma-initial-settings3

私のMADOSMAはまだSIMカードを挿していないので、Wi-Fi接続設定の画面が表示されます。Wi-Fiネットワークをタップして選びます。
madosma-initial-settings4

Wi-Fiネットワークのセキュリティキーを入力する画面になります。「パスワード」の下のボックスをタップすれば自動的にキーボードが表示されるので、セキュリティキーを入力して「完了」をタップします。
madosma-initial-settings5

「接続先」に接続したいWi-Fiネットワーク名が表示され、ディスプレイ左上にWi-Fiのアイコンが表示されればWi-Fi接続は完了です。
madosma-initial-settings6

Wi-Fiセンサーに関する同意を求められるので、同意できれば下の2項目にチェックを入れて「次へ」をタップします。Wi-Fiセンサーを使用すると、位置情報を使用することに同意したことになるとのことです。
madosma-initial-settings7


MADOSMAの構成を選ぶ

MADOSMAの設定の構成を選択する画面になります。よく分からない場合や面倒な場合は「推奨設定」をタップします。自分で構成をカスタムしたい場合は「カスタマイズ」をタップします。
madosma-initial-settings8


地域と日付、時間を設定する

地域と時間の設定も、私はSIMカードを挿していないために表示されているかもしれませんが紹介しておきます。

住んでいる国、タイムゾーン、今日の日付、現在の時刻を選択します。日付の変更方法がWindows Phone 8.1は独特ですが使いやすいです。「今日の日付を入力してください。」の下のボックスをタップします。
madosma-initial-settings9

「2015」「01」「14」の3つのタイルで構成されています。月を変更したい場合は「01」をタップします。
madosma-initial-settings10

すると、01から12までを上下にスクロールして選ぶことができるようになります。
madosma-initial-settings11

月の選択が終わったら右側の「14」をタップします。
madosma-initial-settings12

月と同じように上下にスクロールして本日の日付を選びます。日付の選択が終わったらディスプレイ下部のチェックアイコンをタップします。
madosma-initial-settings13

次に時間を設定します。「現在の時刻を入力してください」の下のボックスをタップします。
madosma-initial-settings14

日付と同じように時と分をそれぞれスクロールさせて設定します。
madosma-initial-settings15
madosma-initial-settings16

時刻の選択が終わったらディスプレイ下部のチェックアイコンをタップします。
madosma-initial-settings17

地域とタイムゾーン、日付、時刻が正しいことを確認して「次へ」をタップします。
madosma-initial-settings18


Microsoftアカウントにサインインする

Microsoftアカウントにサインインすることで、MADOSMAを最大限に活用することができます。まだMicrosoftアカウントを持っていない場合はMADOSMAの「作成」から作成しましょう。ただ、Microsoftアカウントの作成は氏名や電話番号など入力するものが多いので、MADOSMAからの作成が面倒な場合はMicrosoft(マイクロソフト)アカウントを新規作成・登録する手順を参考にPCから作成したほうが楽かもしれません。

Microsoftアカウントをすでに持っている、または作成が完了したら「サインイン」をタップします。
madosma-initial-settings19

Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。
madosma-initial-settings20

入力が終わったら、Microsoftからのプロモーションメールを希望するならチェックを入れて、希望しないならチェックを外して「次へ」をタップします。
madosma-initial-settings22

Microsoftのサービス規約とプライバシーに関する声明が表示されるので、同意できれば「次へ」をタップします。
madosma-initial-settings23

MADOSMAにMicrosoftアカウントでログインすると、MADOSMAで撮影した写真をOneDriveに保存やSMSメッセージの同期、MADOSMAの設定とアプリのデータをバックアップすることができます。バックアップしておいたほうが何かあった時に助かるので私は「はい」をタップしました。
madosma-initial-settings24

「完了しました」と表示されたら、「完了」をタップします。
madosma-initial-settings25

MADOSMA(Windows Phone 8.1)のホーム画面が表示されました。これでMADOSMAを使えるようになります。
madosma-initial-settings26

これまでAndroidやiOSのスマホやタブレットを使っていた方にとっては簡単な設定ですね。

MADOSMA(Windows Phone 8.1)の初期設定方法は以上です。




スポンサーリンク